出版/印刷に転職するコツ

出版社は就職先としてはどの時代もとても人気で志望者も多いのが特徴です。
しかし最近では就業スタイルの多様化や即戦力の雇用の強化などの傾向がみられ、それに伴い転職先として出版や印刷業界を選ぶ方も増えてきています。
とはいえやはり出版業界への就職は狭き門であるため、そこに転職するコツとしていかに自分のブランディングをうまくできるかどうかという点が大切だといえるでしょう。
出版業界は売れる書籍、そしてターゲット層から愛される書物を出版するために常に世の中の流行や世間の興味を先取りし、他者が思いつかないような切り口での発想や個性的なアイデアを出せる人物を積極的に採用する可能性が高いです。
つまり他の人と同じように履歴書を書いて、みんながいうような志望動機や自己PRをする人材よりも、自分の性格や生い立ち、特技や経歴をいかに面白く語れるか、そして自分を雇用してくれた場合にはどのようなメリットを会社に与えられるのかをより具体的にアピールできる人材の方が需要があるといえます。
もし出版関係でアルバイトをしていたり、前職で近い業界で仕事をしていたというような場合にはその時の経験をアピールしても良いですし、出版や印刷業界は実力社会の部分もあるため未経験でもやる気とコミュニケーション能力さえあれば先行投資として採用されることもあるので熱意や本が好きであるということを語ってみても良いでしょう。
そして時間があればデザイン系やパソコン系の資格を取得しておいたり、インターンなどを経験しておくと即戦力として評価されやすいので転職しやすくなります。
他には自分の力だけでなんとかしようとせずに、転職専門の人材紹介会社に登録して担当のエージェントさんに効率よく出版業界の求人を探してもらうことも一つのコツであるといえます。情報量は確実にエージェントの方のほうが多いですし、過去にその企業に人材を紹介したという実績があるのであれば信頼関係もできてるので転職として成功しやすいといえます。